1. TOP
  2. 女性起業家のマインド
  3. 「思考停止」に陥っている人は成長しない

「思考停止」に陥っている人は成長しない

昼間のカフェで、知人と仕事をしようと

久しぶりに喫煙席に座りました。(現在は禁酒、禁煙を続けています)

先に座っていた二人の中年の男性が、普通にコーヒーを飲みながら、

普通に雑談している感じで、

私たちは近くの席で、キーボードを打ちながら仕事をしていました。

すると、先に来ていた中年男性二人の仲間という感じの中年男性二人が後から加わり、

「おお、ここだよ」「おお、久しぶり」みたいな楽しそうな雰囲気。

私たちも、何も気にせず仕事を続けていたのですが、

最初に来ていた、中年男性の一人、その仲間の中では、一番年年上かな?

といった感じの男性のテンションが

時間と共にすごく高くなって、

喫煙席全体に聞こえるくらいの声のボリュームになっていました。

まず、2人で話をしていた時と、

仲間が増えたときのテンションが全然違います。

二人の時は普通のテンションで、ポツポツ相手と話している感じだったのですが、

明らかに四人の中心となってしゃべり始めたときは、

「調子に乗っている」といった感じでした。

そして、6席ほどの喫煙ルームに響き渡る声で

「女が」「酒が」「仕事が」と色々な物事に対する不満を言っていました。

しかも何度も同じような話を繰り返していました。

あとの3人の仲間は「あー、うんうん」

といった感じで、

周りを気にして、逆に小声になっている感じでした。

私は喫煙ルームを選んだことを少し後悔するとともに

中年男性に対して「思考停止」という一言が浮かびました。

まず、仲間が増えると調子に乗るタイプ、

こういう人は、常に注目を浴びたいと思っていますが

一人では何もできません。

不満ばかりを言っているのに、現状を打開しないのは

口では何と言っても傍から見れば「思考停止」です。

「思考停止」とは

①自ら考えることをやめている状態。あるいは、なんらかの外的要因により心を乱され、思考が止まる状態です。

②また、なにかを盲目的に信じて疑わない状態
盲目的になにかを信じることは、自分で善悪の判断をすることを放棄しているとも言えるからです。

まさに喫煙ルームで大声で不満を言っていた中年男性をイメージしてしまいますが、

以上の2つが大まかな「思考停止」の状態といえます。


①の自ら考えることをやめている状態。あるいは、なんらかの外的要因により、心を乱され、思考が止まる状態について詳しく説明していきます。

これは簡単に言えば「目標がない」「毎日が同じことの繰り返し」「考えないように欲に逃げている」といった状態です。


「目標がない」「毎日が同じことの繰り返し」「考えないように欲に逃げている」といった状態とは

「目標がない」ということは、

ただ目の前のことをこなすだけになってしまいます。

毎日、言われたことだけを頭を使わずに、ただやっているだけでは

考える機会はどんどん失われていき、

成長が「停止」します。

目標があれば、達成するためのルートを考えたり、

エネルギーを集中させたりと 様々なこと考え 、努力しますので

「思考停止」しにくいでしょう。(https://onlyone-labo.com/ブレずに目標を達成するシンプルなたった2つの成功法則)

「毎日が同じことの繰り返し」 ということは

サラリーマン思考といいますか、

「朝起きて、仕事に行って、帰宅して、寝る」

このように毎日が同じことの繰り返しだと、

頭を使わなくても自動的に行動できてしまいます。

まさに、「自分の時間」を「労働の賃金」という形に変えているだけのような働き方は、

仕事の中に、楽しみや、感動、充実という

プラスのエネルギーが生まれることはほとんどなく

感情も希薄になっていきます。

ただ、同じことを淡々と繰り返して、

「気づいたらもう1週間経っていた」という方は

すでに「思考停止」に陥っている可能性があります。

「考えないように欲に逃げている」 ということにつては、

簡単に言えばお酒、煙草、ギャンブル、などといった「欲」

逃げるということです。

退屈でも、忙しくても

「今この現実」と向き合うのがしんどい人は「欲」に逃げます。

お酒、煙草、ギャンブルなどは

一瞬リラックスできるような感覚に陥りますので、

一時的に「現実逃避」してしまうんですね。

そういったものには「依存性」がありますので、

最初は少しだけ、たしなんでいるつもりでも、

気が付けば、毎日当たり前のように、

多くの時間を費やしていることになります

その時間はまさに頭の中を「無」にしている無の時間、

「思考停止」の時間です。


「盲目的になにかを信じること」は、自分で善悪の判断をすることを放棄している

②の、なにかを盲目的に信じて疑わない状態
自分で善悪の判断をすることを放棄している状態とは、

簡単に言えば、偉い人が「こうだ」と言えば、

何も疑わず従う、

これまでの日本の学校教育、会社で培われた「常識」に

なにも疑いを持たないということです。

日本の学校教育は私たちを洗脳する教育です。

基本的にみんなと同じではない事をすると「悪」だと、

意識的にも無意識的にも教えられます。

この思想の影響で、「このまま会社にても、、」と考えている人が

動き出せない原因になっていたりします。

例えば、あなたがいまの会社や上司に疑問を持っていたとします。

その時にまわりの何人もの同僚が

「私も辞める」と言ったら、自分もすぐに辞めると思いませんか?

一人では何もできないのに、まわりの雰囲気が

「辞める」となったらそちらに流れる。

自分で思考したり、判断したりすることを放棄していますよね。

これは「周りと一緒が安心で正しい」と洗脳されている状態です。

それと、自分で判断しないといういうのも「思考停止」です。

例えば、私の知り合いに、

なんでも自分で決められない女性がいます。

その女性は、結婚していてますが、

勉強したいこと、やりたいこと、欲しいものなど

全て「主人に聞いてみないと分かりません」というスタンスです。

こういう既婚女性は多いのではないでしょうか?

「判断」して怒られたくない、責められたくないというという「恐れ」から思考停止しています。

もちろん、それぞれの家庭の事情があり、

私がとやかく言うつもりはありませんが、

「判断することを手放す」ということは

自分の人生の舵を他人に任してしまっている状態です。

「思考停止」は本当に怖い

私の知り合いで、かなり大手の工場で仕事をしている女性がいます。


給料や待遇がよく、家賃補助もしっかりしていて、

月収も安定してけっこうな金額をもらっています。

彼女は 専門学校を卒業して、フリーで自分の好きな映像関係の仕事をしていましたが、地元に帰るのを機に、

安定した収入を得ることができる、地元の大手工場に勤めることにしました。

ご両親は、不安定なフリーの仕事より、

「地元で安定した収入を得てほしい」と考えていたので大変喜びました。

彼女自身も、親が安心してくれるなら

「これでよかった」と感じました。

しかし、工場の仕事は思ったより体力的にきつく

交代勤務で勤務時間もバラバラなので、睡眠に影響がでます。

傲慢な上司、古い価値観の押し付け、事あるごとにある会社の飲み会、

彼女は、自分の命である「貴重な時間」をお金に換える人生に限界がきて

うつ病になってしまいました。

しかし、そんな状態でも、彼女は工場勤務を辞めません。

友人である私は、彼女に

「どうしてそんな状態で辞めないの?他にやりたいことがあるなら、私も一緒に考えるよ」

と声を掛けたのですが、

彼女の答えは

「何も考えれない。仕事を辞めて何をしていいのかも、もう考えれなくなってしまった。今はただ時間が来たら仕事に行くだけ」

と寂しそうに言いました。

フリーの映像関係の仕事をしていた頃は

あんなに生き生きと、目を輝かせて全国を飛び回っていた彼女、

今は考えることを放棄し、

まさに「思考停止」に陥っている状態を残念に思うとともに、

「思考停止」とは生きる気力を奪い、感情、思考を停止させ

会社のための機械のような人間になってしまう

本当に恐ろしいことだと思いました。

人間は同じことを繰り返すと脳が慣れようとします。

最初は会社のやり方、上司に憤りや疑問を感じても、

人間は、「早く慣れたい」「安心したい」という脳の働きから

考えることを放棄してしまうのです。

思考停止している場合じゃない

私たちが、安心した生活を約束されていたのは

しっかりとした年金が出るからですよね?

今やどんどん貰える金額は下がり、

受給年齢は先送りになっています。

政府は「働きたい人も多いから、年金は70歳くらいからでもよいのでは?」

という方針です。

これには、思考停止している場合じゃなく

「だったら自分はどんな人生を送りたいか」

と一刻も早く向き合うべきだと思います。

確かに、多くの60歳以上の方は65歳以上になっても

働きたいと考えているらしいです。

大半の人が会社勤めをしていれば

同じ職場にいるという選択をするようですが、

これまでと同じ仕事をして、

給料は半分以下か、下手をしたら三分の一です。

なぜ、この条件で働きたいと思うのでしょうか?

仕事が「生きがい」だからでしょうか?

なんだか、これまで頑張って働いてきて、

定年しても自分に残っているのは「仕事」しかなくて、

仕事がなくなったらやることがない

仕事しかしていないような人生って虚しくないですか?

なぜ、条件が悪くても働きたいと思うのか、

それは、いざ退職して、「さあ自由にどうぞ」と言われても

これまで決められた仕事をこなすだけの人生だったので、

何をしていいのか分からない。やることがない。

というのが本音だと思います。

その仕事が本人にとって本当の意味での「生きがい」になっているのなら

それは素晴らしいことだと思います。

私のブログを読んでくれている方は、

それを一歩先に気づき、自分でビジネスをしている方、またはしようとしている方が大半でしょうから、

仕事を一生やりたいと言うなら

自分のビジネスをやりたいと思うでしょう。

わたしも自分のビジネスが好きですが、

働くことが好きか?と聞かれれば

それは違うと答えます。

ただ言われたことを、淡々と考えずにやるのは

好きではありません。

こういうことを少しでも若いうちから、考えることが本当に大切だと思います。

本当は、周りがどうかは関係ありません。

「思考停止」している場合ではなく、

あなたが生きたい人生を「生きる」覚悟をしてください。

これまでの「常識」や「価値観」を疑ってみる

賢者ほど「常識に」縛られていないなと本当に思います

「常識」「価値観」は常に変わっています。

「常識」や「価値観」にとらわれすぎている、と気づいたら

「その常識は正しいのかな?」

「その価値観は本当に間違っていないのかな?」

と疑問をもってみてください。

親が、先生が、誰々が言っていたからと、

なんでも鵜呑みにしてしまうのは「思考停止」です。

親や、先生や、誰々も「誰か」に言われたことを

自分が信じて言っているだけかもしれない、

それらの人が間違っていることもあるのです。

例えば、昔は体育の授業で「水を飲んできます」

という人はいませんでした。

「運動中に水をのむなんて、根性がない」というのが当時の価値観でした

しかし現在では、こまめに休憩を取り、水分補給をして

熱中症を防ぐのが「常識」です。

このように「常識」や「価値観」は時代と共に移りゆくものです。

いかに過去の価値観や常識に囚われている人が多いことでしょう。

過去の価値観や常識に縛られることは思考停止している状態で

あなたの成長を妨げます。

現代ではSNSで簡単に人の気持ちや、

考えていることが分かるようになりました。

「あれ、これって間違ってるんじゃないの?」

「こんなことをしても無意味なのでは?」

とあなたが思った時、

「でも、考えても仕方ない」と思考停止する前に

誰かと共有したり、同じように疑問を持つ人の意見を聞いてみてください。

客観的に物事を捉えることができ、考えるクセがつきます。

思考停止診断チェックリスト

いくつ自分に当てはまるかチェックしてみてください

□毎日が同じことの繰り返しだ

□学校や会社のルールには従うべきだ

□新しいことにチャレンジする暇がない

□自分の意見なんて大したものじゃないと思っている

□過去の失敗を引きずるタイプだ

□仕事でわからない事があれば、すぐ人に聞く

□無駄な争いごとは出来るだけ避けたい

□仕事が休みの日は1日ぼーっと過ごしてしまうことが多い

□自分の好みは関係なく、流行りものばかり買ってしまう

□自分は直感的に動くタイプだとおもう

診断結果

【0チェック 思考停止度0%】
チェックが0の人は、思考停止度0%と診断していいでしょう。常に頭はフル回転、何の心配もありませんが、時にはぼーっとして息抜きをすることも大切ですよ。

【1から3チェック 思考停止度30%】
チェックが3までの人は、思考停止度30%。頭を使うクセがあり、ストレス解消やリラックスするコツも心得ています。理想的な状態と言えるでしょう。

【4から6チェック 思考停止度50%】
チェックが6までの人は、思考停止度50%。少しぼーっとしてしまいがちなところがあるようです。もう少し自分で考えるクセをつけた方がいいかもしれません。

【7から9チェック 思考停止度70%】
チェックが9までの人は、思考停止度70%。自分で考えることを放棄していませんか?今すぐ対処しないと、どんどん考える力が低下してしまいますよ。

【10チェック 思考停止度100%】
チェックが10満点の人は、思考停止度100%です。自分の脳を全く活用できていません!今すぐ新しいことに挑戦して、日々の生活にメリハリをつけましょう!

(引用 KIRARIhttps://kirari-media.net)

「思考停止」に陥らないために

『思考停止」に陥らないためには、

自分の感情に敏感になることです。

誰しも、完全に無駄と思える一日を過ごしてしまったとき、

「今日一日は何だったんだろう」

と脱力感と虚しさを感じます。

誰にとっても、時間は有限なもので

無駄な時間を過ごしたり、

「思考停止」している場合ではないのです。

特に、自分でビジネスをしようとしている私たちには

時間は本当に大切なものです。

「思考停止」は本当に損です。

なぜなら
それ以上考えようとせず、

自分を成長させることができないからです。

自分の「成長」にいま一度フォーカスしてください。

\ SNSでシェアしよう! /

女性起業家のためのオンリーワン戦略集客塾の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性起業家のためのオンリーワン戦略集客塾の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます!

  • 起業女性が成功するためのマインド 時間の使い方

  • 異業種交流会であなたの商品・サービスの価値を伝える方法

  • モチベーションは上げるな!

  • 物の売れ方を驚くほど左右する7つのキーワード

  • とにかく日々が忙しい起業女子の時間の使い方

  • 自分との約束を守る3つのメリット