google-site-verification=YhbvN7SHl08plvO7VvlVLmFnddwECVO1hutdyHxOghw
  1. TOP
  2. サロン経営
  3. 『ホットペッパー』に頼らないサロン集客

『ホットペッパー』に頼らないサロン集客

こんにちは中村です

 

さて、サロン集客で一番多いお悩みといえば、

やはり『集客』です。

 

入り客の少ない時には、サロンオーナーは焦ってしまいます。

 

そこで一番思いつくのが『サロン経営』といえば

『ホットペッパービューティー』ではないでしょうか?

 

『ホットペッパー』の落とし穴

『ホットペッパー』のメリットといえば

・スマホからサクッと予約が取れる

・サロンのホームページ代わりになる

・先の週までの予約が〇×で視覚的に確認できる

・登録してあるお店のポイントが共通で使える

知名度が抜群

などでしょうか。

 

一度はご自身も使ったことがあるという人が多いのではないでしょうか。

 

しかし、こんな声もよく聞きます

掲載料金が高い

・集客が上がらない

・差別化できない

・担当がよく変わる

・手数料がかかる

などです。

 

この中でも一番の問題は、掲載料が高く、ランニングコストがかかってしまい

経営の負担になっているという点です

 

しかも一度『ホットペッパー』を使うと、

集客を『ホットペッパー』だけに依存してしまいます。

 

やめようと思っても、依存しているのでなかなかやめることができません。

 

ホットペッパーの掲載をやめたいと思う基準は、サロンオーナーによって様々です。

しかし、継続した場合のデメリットがメリットを上回ってしまうのでは本末転倒です。

 

そもそも『ホットペッパー』への掲載の目的は、集客や売り上げアップに尽きると思います。

 

しかし、売り上げが予想より上がらなかったり、集客が上がらないのであれば

 

それは辞めるべきだと思います。

 

『ホットペッパー』には新規割引のクーポンが掲載できます

全員とはいいませんが、この初回割引のクーポンを狙って

「値段」で判断したお客さんが来店するという傾向にあります。

 

サロン側が集客時に一生懸命「割引」してお客さんを集めても

一度来店しても「値段」で判断するお客さんは、こちらが売りたい値段でサービスを提供すると

どんどん離れていってしまいます。

 

なぜ、『ホットペッパー』で来店するお客さんは「値段」で判断するお客さんが集まるのでしょうか?

 

それは、「仕方のないこと」だともいえます

 

なぜなら、載せられるスペースや文字数に制限があるため、

サロンの良さを『ホットペッパー』ではなかなか伝えることができません

 

よって、サロンの特色やよさが分かりづらく、他のサロンと比べる判断基準が結局は値段「安さ」で決めることになるからです。

 

一度は「安さ」で決めたお客さんでも

一生懸命接客すればリピーターになってくれるから良いのでは?という考えのオーナーもいます。

 

残念ながらそれは非常に難しいです。

 

なぜなら、最初から「安さ」を求めて来店したお客さんは、常に『ホットペッパー』のお得をチェックしています。

 

他にさらに「安い」サロンが現れればすぐにお客さんはそちらに移っていきます。

 

お客が離れれば、さらに値段を下げ続けるという「価格競争」に巻き込まれ悪循環に陥っていきます。

 

価格競争に巻き込まれてしまうと、小さなサロンは大手のサロンには太刀打ちできません。

 

価格競争に巻き込まれて、心身ともに疲れて沈没してしまうのは絶対に避けたいですよね。

 

では、このような事態に陥らない為に、どんなお客にさんに来てもらえるサロンがよいのでしょうか?

 

それは、「安さ」より「価値」を求めるお客さんに来てもらうことです。

しかしこういうと、『安い方がお客さんが入りやすい』という思い込みを持っているオーナーには抵抗があるのではないでしょうか?

 

それは錯覚です。

 

確かに多くの場合、それはあてはまるのかもしれません

 

しかし、それと同時に、世の中には逆の価値観を持つお客さんが一定数いるです。

 

つまり「安いとなんだか不安」「それなりの価値しかないのではないか」と考えるお客さんがいるのも事実なのです

 

やはり、小さなサロンが生き残るには、「価格」ではなく「価値」で選ぶお客さんにリピーターになってもらうことが大切です。

「価値」で選ぶお客さんにをリピーターにする

「価格」ではなく、「価値」でお店を探すお客さんは、クーポンサイトだけで選ぶのではなく

 

ホームページをじっくり見ている場合が多くあります。

 

ホームページは文字数に制限がないので、じっくりとサロンの価値やオーナーの思いを伝えることができます。

動画を載せて、サロンの雰囲気や、スタッフの雰囲気、お客さんの声などを発信することもとても効果的です。

 

このように、ホームページや動画では「安さ」ではなく、「このサロンは私が求めていたものだ」「私の悩みを解決してくれる」と

サロンの「価値観」に共感したお客さんが集まりやすいのです。

サロンの価値が十分に伝わって来店してくれるお客さんは、他に目移りすることが少なく、サロンのファンつまりリピーターになってくれることが多いのです。

まとめ

『ホットペッパー』

・掲載料金が高いのでランニングコストがしんどい

・サロンの価値をしっかりと伝えられない

・「安さ」を求めるお客さんが集まりやすいのでお客さんが定着しにくい

・「価格」が判断基準になってしまうため『価格競争』に巻き込まれる

・集客をホットペッパーに依存してしまう

『ホームページ・動画』

・一度作ってしまえば、基本的にランニングコストが安い、又は無料

・何度も見られることで勝手に宣伝、集客してくれる

・じっくりとサロンの価値やオーナーの思いを伝えることができる

・「価格」ではなく「価値」を重視する質の高いお客さんが集まりやすい

・お客さんがリピーターになりやすい

 

小さなサロンが選ばれ、売り上げをアップしていく為には『ホットペッパー』に頼った集客ではなく

ホームページや動画に力を入れた集客をお勧めします。

\ SNSでシェアしよう! /

女性起業家のためのオンリーワン戦略集客塾の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性起業家のためのオンリーワン戦略集客塾の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます!

  • 異業種交流会であなたの商品・サービスの価値を伝える方法

  • ネットワーカーに学ぶ!?客さんの心のつかみ方

  • あなたのポジションを確立する

  • 「お客様情報」を獲得する為の無料のプレゼント

  • 「集客を自動化」したホームページを持つ

  • 物の売れ方を驚くほど左右する7つのキーワード