1. TOP
  2. サロン経営
  3. あなたのポジションを確立する

あなたのポジションを確立する

あなたはご自分のサロンや事業で

あなたのが誰であるかを説明することができますか?

ポジショニングとはあなたが誰であるかを決めるといってもよいです。

小さいサロンや一人サロン、コンサル系ビジネスなど、、小規模な事業で

その他大勢に埋もれてしまわないために、必要不可欠なことです。

例えば、あなたが誰であるかを説明してくださいと言われ、

わたしは経営コンサルタントです

わたしは美容アドバイザーです

この店は美容系エステサロンです

こんな一言でしか自分を表せない人、
ハッキリ言いますがこんなことではその他大勢に埋もれてしまいます。

あなたを必要とする「お客さんを絞る」

【ポジショニング】を決めることは、あなたを必要とする「お客さんを絞る」ということです。

これまで、お客さんにいかに選ばれることが重要だと思っていた方は、えっ!と思われた方もいると思います

もちろん、お客さんに見つけてもらうことは重要です。

しかし、一番重要なことは、

あなたのポジションを決めることで、お客さんを絞る=お客さんを選ぶということです。

ゆえに、わたしも最初は自分のポジションを決めてしまうと

「多くのお客様を集客できないのではないか?」

「本来集客できそうなお客様をとりこぼしてしまうのではないか?」

と心配になったこともあります。

しかし、多くの人を最初からターゲットにして、

大手の競合や有名どころと戦ってしまったばかりに廃業してしまう事業は非常に多いです。

大手や、有名どころをパクった経営をしても、

やはりお客さんからしてみれば同じサービス、施術なら名の知れたところの方が安心するからです。

そして大手と同じようなサービスをしてお客さんをターゲットにしても

生き残るには大手よりも価格を下げるというような

価格競争をしていくしか基本的には道はありません。

価格競争をしてサービスや施術の価格を下げてしまえば当然ながら利益率は低くなります。

価格以外でお客さんに選ばれる

世の中をちゃんとみていれば、たとえ小さいサロンや、メディアに出演していない地元のコンサルタント、

自宅でやっているコーチやセラピーなど、

結構高額でも予約がなかなかとれないという事業はたくさんあります。

先日私も気功に興味があったので(気功といってもハー!っとやる中国の気功ではなく、自分のエネルギーを高めるセラピーやカウンセリング的な気功です)

自宅で一人でコーチングをしている先生に連絡をとろうとしましたが、

新規は無理で基本的に紹介者しか施術を受けることができないうえに、

先生は朝から夕方まで予約がいっぱいでなかなか連絡がとれないということを秘書の方に聞きました。

ようやく予約は入れれましたが2か月待ちでした(これでも早い方らしい)

看板も掲げていない自宅の一室で行っているサロンです。

なかなか凄くないですか?

大手のクーポンサイトに掲載されているサロンでも予約のスケジュールをみれば当日に入れるサロンはかなりあります。

しかも「気功」という、一般的にはあまり必要とされないようなセラピーが

秘書を雇うほど忙しく、金額もまあまあの高額です。

しかも自宅サロンは、交通の便もさほど良くない、郊外の田舎町です。

にもかかわらず紹介のお客さんしかとらないという、

これぞまさにお客さんを絞っている事業だと思いませんか?

私は例え2か月待ちでも、このサロンに行きたい!先生に会ってみたいと思いました。

人は自分で納得してお金を払うからこそ、自らそこに価値を感じようというアンテナを立てるのです。

「うちは安価で、どんなお客さんの要望でも応えます」というような同じようなコーチがあったとしても

私はこちらの自宅サロンに価値を感じます。

みなさんもそうではないでしょうか?

誰でもいいから、安くしてもいいからどんなお客さんでも来てほしい

そういう気持ちはお客さんに伝わります。

価格で選ぶお客さんは相手にしない

価格で選ぶお客さんを相手に商売をしない。と決めることは

最初はとても勇気と覚悟がいりますね。

価格で選ぶお客さんは、

常に少しでも安くお得なサービスを求めて、

その情報を常々キャッチしようとアンテナ張り巡らせています。

ですのであなたが少しでも値上げをしたり、他に安い商品、サービスを見つけると簡単に離れていってしまいます。

あなたはその都度価格を安くしますか?

そんなお客さんに価格だけで選ばれて、あなたは気持ちよく事業を続けていくことができますか?

価格だけでサービスや商品を決めるお客さんを相手にしていては、

利益はどんどん少なくなり

自分が納得できる経営はできません。

価格競争で戦うポジションは大手にまかせましょう。

あなたのとるべきポジションは浅く広くでは大手に勝てるはずがありません。

釣りで言えば地引網でお客さんを集めるのが大手のサロンや有名どころなら、
小さいサロンや一人経営者は一本釣りでお客さんを確実に釣っていくというイメージです。

しかもお客さんは誰に釣られてもよいのではなく、

あなたのように自分の悩みを解決してくれる人に釣られたいと思っています。

つまりあなたのサロンや事業のいわゆるファンです。

ファンになっているわけですから、あなたを信頼し、あなたがお勧めするものはできるだけ購入したいと思うわけです。

人は結局のところ正しいからではなく、自分が信じたいものを信じるようになっているといわれています

お客さんはあなたから買いたい!あなたからサービスを受けたい!

例えば、あなたも自分が尊敬する人が、お勧めする書籍、その書籍の内容がどうであれ、

あの人が勧めてくれるものだから、きっと良いものだろうど購入する

車など大きな買い物で、価格に大差がない場合、

どうせ買うなら信頼している知り合いの車屋から買いたい

といった感じです。

そして、あなたの商品や、事業の、またはあなたというキャラクターのファンになってくれた人は、

たとえ他にあなたと同じような商品や事業で価格が安いものがあったとしても、

簡単に浮気をしません。

なぜなら、人は自分が一度信頼したものにはそれだけの価値があると信じたいからです。

逆に言えば、価格やお得度だけで選ぶようなお客さんは、あなたの商品や事業に惚れていない、信頼しているわけではないというわけです。

これでは、簡単に浮気されたり、乗り換えられたりするのは当然の結果です。

ではあなたの商品や事業を信頼してもらい

ファンになってもらうにはどうしたらよいのでしょうか?

あなたがどんな人に何ができる人かというポジションをしっかり決める

それは、あなたがどんな人に何ができる人かというポジションをしっかり決めることです。

そしてお客さんにあなたを見つけてもらうことです。

あなたが何者かぼやっとしていてはお客さんはあなたを見つけることができません。

ですのでこの4つのポイントは必ず説明できるように、

そしては発信していくようにしてください。

【あなたを伝える4つのポイント】~ポジショニング~

私は(または、この商品は)

1.「○○」という悩みを持った方に

2.○○」という方法を用いて

3.「○○」な状態にしていく

4.「○○」という者です

この4つのポイントはお客さんがあなたを見つけるうえで非常に重要なポイントです。

しっかりあなたの言葉で説明できるようにしてください。

チラシやホームページなどの制作を考えている方は

ぜひ、このポイントが伝わるように発信してくださいね。


\ SNSでシェアしよう! /

女性起業家のためのオンリーワン戦略集客塾の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性起業家のためのオンリーワン戦略集客塾の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます!

  • 「集客を自動化」したホームページを持つ

  • 成功の秘訣は行動主義

  • とにかく日々が忙しい起業女子の時間の使い方

  • 顧客を特定してオンリーワンビジネスで生き残れ

  • コンサル型ビジネスのブログの必要性

  • 付き合わないお客さんリストをつくる