1. TOP
  2. 女性起業家のマインド
  3. 自分との約束を守る3つのメリット

自分との約束を守る3つのメリット

私たちは、他人との約束は無理をしてでも守ろうとするのに、

自分との約束は簡単に破ってしまいます

 

自分との約束を守らないことに慣れ過ぎている人が

いかに多いことか、、

私たちの生活は、意識的にも、無意識的にも

小さな約束の連続です

・太るから、これ以上は食べないようにしよう

・〇時になったからもう寝よう

・お酒は家では飲まないようにしよう

・明日は掃除をしよう

このように私たちは、普段

自分の気づかないところでも

自分との約束を行っています

それも頻繁に!

自分との約束を守らない事に慣れ過ぎていませんか?

そもそも「約束」という言葉は、

「親との約束」「友達との約束」「恋人との約束」など

他人に対して使われることが多い言葉ですね

 

しかし、自分との約束を守ることは凄く大切なことです

けれど相手がいない分、自分の気持ち一つで、

簡単に破ってしまう事ができます

 

自分との約束を守ることは、

他人との約束を守るより難しいといえるかもしれません

かつての私もそうでした

「毎日ジョギングをしよう」

「お酒を家では飲まないようにしよう」

「毎日1時間はこのタスクの仕事をする時間をつくろう」

などと、気合を入れてみるも

なんとなく、面倒になったり、

「まあいいや」という気持ちに流されて

あっさりと自分との約束を破っていました

 

しかし、他人とのアポなどは、少々体調が悪かろうが

時間的にかなり無理をしてでも、なんとか必死に守るのです。

おかしいですね。

 

他人との約束は何としてでも守ろうとするのに

一生付き合っていく自分自身の事は

ないがしろにするのです

 

そして、そのころの私は

自分は信用のできない人間なんだなと思っていました。

いい加減だし、自分が嫌いでした。

なぜ、自分との約束を守らなければならないのか

「自分との約束」とは、簡単にいうと

自分で「やる」と決めたことを実際にやることです

 

言葉にするとものすごくシンプルで簡単ですね

多くの人が自分との約束を守れることもあれば、

自分との約束を破ってしまうことも多々あります

では、

自分との約束を守ることにはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

自分との約束を守る3つのメリット

自分との約束を守ることで、自分の気持ちにどんな影響があるのでしょうか

私が考えるメリットは3つです。

1、自分を信頼できるようになる

これは一番大きいメリットですね

約束を簡単に破る友人などには不信感を抱きます

例えば「このことは言わないでね」といっ言ったのに簡単にしゃべってしまう

会う約束をしてたのに、自分都合のドタキャンを頻繁にするなど

こういう人ってものすごく不信感を抱きませんか?

自分に対しても全く同じことが言えるのです

自分が自分を簡単に裏切っていると

どうせまた自分を裏切るだろう

どうせ続かない、私ってそういう人間だよね

と、自分が信じれなくなります

これはとても辛いことです

 

逆に、約束をしたら必ず守ってくれる人には、

私たちは深い信頼を置きますよね

 

自分との約束を必ず守っていると

自分の事が信じれるようになり、

自分を認めてあげることが出来るようになります

 

それは、他人に認められて承認欲求を満たすよりも

簡単に自信がもてるようになります,

2.自分を軽視しなくなり、自分を大切にできる

他人との約束を守らな人は、その人の「いい加減な性格」ということもありながら、

意識的にも、無意識的にも、守る相手と、守らない相手に

区別している場合があります

立場が上の人や、厳しい人との約束は必至で守りますが、

気の知れた友達や、後輩の約束は

平気で約束を破る人っていますよね

 

約束を破った方は

「気の知れた中なんだから、まあいいよね」

という気持ちかもしれませんが、

約束を破られた方は、

いくら気の知れた中だといえど「私の事を軽く見ているな」「悲しいな」と感じてしまいますね。

私だったら、親しい間柄でも平気で約束を破られれば、

単純に悲しいなと思います。

 

他人に自分をないがしろにしたり、軽視したりすると腹が立つのに、

自分との約束を「守れなくてもまあいいや」と軽視してはいいけません。

 

結局、自分との約束は、守らないと、傷つくのは自分です。

 

自分との小さな約束を何度も破っていると

少しずつ、少しずつ心は蝕まれてきます

あなたが自分との約束を守ることで、

「自分は軽視されるべき人間ではないのだ」と、よろしくおねがいいたします

自分自身に教えてあげてください。

何度も何度も、自分を大切に扱ってあげてください

 

ビジネスにおいても、キャパオーバーで苦しんでいる方は

自分を大切にすることで、できない仕事は「できません」と断れます。

自分を大切に扱うことで、

体調に気づかいながら、無理のない働き方ができるのです

3.成長できる

 

人間には成長したいという成長欲がります

 

だから、日々私たちは

・基本的に〇時には寝て、〇時には起きよう

・〇時以降は食べないようにしよう

・毎日自炊をしよう

・ブログを絶対日々更新しよう

など自分を成長させるための約束をするのです

 

このような自分との約束を「目標」や「抱負」などと言ったりもします。

 

そして、自分との小さな目標を

毎日守り続けているとやがて習慣になります

人間には成長欲がありますから

当然ながら「自分がダメになると分かっていること」を目標にする人はいません

・いつも不潔にする

・お酒は毎日寝る直前まで飲む

・締め切りの期日は守らない

など、結果そうなっているのは別として、

最初から自分を貶めるような事を決めている人はいません

よって、自然と私たちは、

自分との小さな約束を守るようにするだけで

自分が成長できるようになっているのです。

今日、自分との約束が守れれば、

明日の自分への新しい可能性が開く。

 

出来ないと思っていたことが出来るようになれば、また次のステップに挑戦できるのです!

 

自分との約束を守ったという成功体験を重ねて

自信をつけ、セルフイメージを高め、「自分はやればちゃんとできるんだ!」と体感しましょう

守る前提の約束であれば、無茶なことも決めたりしない

自分との約束を守れないときは、

多くの場合約束が重すぎることが原因です。

自分との約束を決めるとはどうしてもハードルが高くなりがちです、

それは「約束を決めたこと」自体に

満足してしまっているからです

満足するのは、約束を守ったときです

そして、大きすぎる約束は、守れなくても仕方ないという気もちが

心の片隅にあるからではないでしょうか

 

「自分との約束は絶対守る」

このように言うと

自分に厳しすぎる

守れなかったとき自分を責めてしまう

守れなかったら、全てが嫌になりそう

と思うかもしれませんね。

 

しかし守る前提の約束であれば、

無茶なことも決めたりしない。

まずはそこから真剣になれるはず。

 

気軽に決めた約束だって守れなければ

後味悪くないですか?

ちょっと自分を責めちゃいませんか?

自分にがっかりしませんか?

 

だったら初めから、できない約束はしないほうがマシです

 

自分と小さな約束をして自分との約束を確実に守る

「気軽に決めて、気軽に破らない」

まずはここからスタートしましょう

まとめ

自分との約束を守らない事に慣れ過ぎている人は、要注意です

自分との約束を破っていると、自分に自信を持てなくなります。

自分との約束を守ることで

1、自分を信頼できるようになる

2.自分を軽視しなくなり、自分を大切にできる

3.成長できる

という素晴らしいメリットがあります。

 

自分との約束を守ることは、

一番簡単単な「自己肯定感アップ法」です。

 

まずは、小さな約束から一つずつ守りましょう

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

女性起業家のためのオンリーワン戦略集客塾の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性起業家のためのオンリーワン戦略集客塾の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます!

  • 「思考停止」に陥っている人は成長しない

  • 苦しいとき、楽しいときの心の持ち方

  • 「承認欲求」との上手な付き合い方

  • 女性起業家と「投資」一番の投資先とは

  • とにかく日々が忙しい起業女子の時間の使い方

  • こんなことで起業して大丈夫かな?と不安になるとき