1. TOP
  2. ポジショニング
  3. 起業女性が成功するためのマインド 時間の使い方

起業女性が成功するためのマインド 時間の使い方

多くの起業女性をみていると、うまくいく人と伸び悩む人、中には廃業してしまう人がいます。

その違いはなんでしょうか?

目標設定がしっかりしている?

熱意や情熱を強く持っている?

人脈がある?

このどれもあったほうがよいし、なくてもよいと私は考えます。

目標がなくても、情熱がなくても、人脈が少なくても成功する人はしています。

ただ、時間がないと人間は壊れてしまいます。

成功する大きな要因に「時間の使い方」が上手であることが大きな要因であると思います。

成功するための時間の使い方

成功するためには「時間」を上手に使える事が重要であるというと、

目標を達成するための熱意や情熱があれば、少々無理をすれば仕事の時間は作れるのではないの?

と考える方もいるでしょう。

現に私の知り合いにも、寝る時間、食事の時間を削ってでも異業種交流会に出かけたり、

時間を決めず、その日身体が動く限り仕事をしている女性がいます。

彼女は、いつも忙しそうで、朝から晩まで動き回っていますが、彼女は経営が上手くいかないと悩んでいます。

それはなぜでしょうか?

そこには「時間」と「働き方」のバランスの悪さが考えられます。

本人が充実したいそがしさや、楽しくて頑張っているならそれでいいとおもいます。

しかし、忙しすぎて頭の中がまとまっていなくて、まるで体を無理に突き動かされているような感覚を感じている方は

男性的な働き方をしている可能性が高いです。

女性的な働き方をしよう

働き方に男性も女性もあるか!と思われる方もいるかもしれませんが、

わたしはある。と思います。

やはり身体も違いますし、女性は月のものもありますよね。

やはり生理前は落ち込んだり、イライラしたり、生理のあとは女性ホルモンが一気に低下して思うように身体が動かない方もいます。

私は男性的な働き方をして、女性経営者のゆえの、優しさ、しなやかさ、女性ならではの柔軟性を失ってほしくないと思います。

余裕がなくイライラしたりギスギスした人にお客さんは心を開いてくれませんよね。

やはり、芯はあっても女性ならではの、温かさ、しなやかさを持った人に仕事をお願いしたいと思うのが普通ではないでしょうか。

そのためには、自分に「充電、準備、余裕」を与える自分時間が絶対に必要だと思います。

いつ自分時間をつくるのか

ここで疑問が出てきます。

やらなければならないこと、やりたいことがたくさんあって時間が足りない、いつ自分の充電時間をつくるのか

ということです。

私がお勧めしたいのは朝時間を活用することです。

朝時間を自分時間にする

今更「早起き」かと思われたかたもいるでしょう。

「早起きをすると仕事の効率が上がる」など書籍などもたくさん出ていますよね。

もちろんそれが良いことだという認識は多くの方にあります。

にも関わらず、それを実行できる人はわずかです。

ある統計では年収が増えるにつれて、朝型である人の比率が高くなっていて、年収400万円未満では朝型人間が3割程度であるのに対し、年収900万円前後では5割近くが朝型。年収1400万円では6割以上が朝型という結果だそうです。

つまり、朝型の人は夜型の人に比べて、平均的に「年収が高い」といえます。

このことからも成功者は朝時間を上手に活用している人が多いのではないでしょうか。

毎日の自分へのご褒美は身体を休ませてあげること

私も昔は睡眠時間が平均三時間ほどでした。

夜は2時、3時は当たり前、朝は6時に起きるという生活をしていました。

決して朝6時は遅い起床ではありませんが、とにかく身体が重く、動かないのです。

そして、夜遅くまでがんばっているにもかかわらず、経営状態も特によくなるというわけではありませんでした。

日中は常に身体が重く、日々やらなければいけないことをこなすのが精いっぱい、

気力だけで動いているという感じでしたでした。

そんな状態ですから、新しい事を考えたりよいアイディアを思いつく余裕はありません。

仕事に対しワクワクしたり、余裕をもって生きている感覚がしなかったなあと思います。

こんな生活を続けていると、自分が何のために頑張っているのかわからなくなり、

自分の心や身体のバランスを崩してしまったのは言うまでもありません。

今は夜9時には子供と一緒に就寝、朝4時に起きて家事や仕事をしています。

すると、すごく自分が楽になりました。

寝ることは幸せだなあと思うし、なぜか3時まで仕事をしていた時より経営状態がよくなったのです。

私の場合、どんな整体やマッサージ、栄養ドリンクより、身体を休ませてあげることが一番のご褒美だったんですね。

身体を休ませてあげることは、お金もかかりませんんし、特別な場所を用意するわけでもありません。

何より毎日自分に与えれるご褒美ということが幸せじゃありませんか。

朝時間何をするか

私は、夜が早いので、基本的には夕方以降は家事をしています。

だから朝、4時から6時までは生産性のある仕事をしています。

もう少し夜遅くまで仕事をする方は、朝は読書をしたり、ジョギング、DVDを観たり、またはぼーっとしたり、一日の計画を立てたり

どんな使い方をしてもよいと思います。

その朝時間、自分がやりたいことをやることで、今日も一日が始まるという準備ができます。

その余裕が仕事だけではなく、その日一日を自分らしく生きるということに繋がるのです。

身体を休ませて、朝時間をつくる方法

私のように、9時就寝というのは、なかなかできない方が多いかもしれません。

時には私もお酒を飲んだり、スマホを見たりしていると11時くらいになってしまうこともありますが、

基本9時、10時くらいには寝ると決めています。

当たり前ですが、朝時間を作るには「早寝」が必要です。

しかし、「早寝」が苦手な方もいるでしょう。

私も元々は睡眠時間が短く、就寝も遅い人間だったので、早く寝るということが苦手でした。

それならば、「早寝」より「早起き」を先に習慣づけることにしました。

「早起き」を習慣にするコツ

最初は1時、2時まで起きていても絶対に4時に起きるようにしました。

もちろん慣れるまで、日中かなり眠いです。

でも、お酒を遅くまで飲んでいようが、仕事を遅くまでしようが絶対に4時に起きるという事を続けてみました。

人間の習慣は21日間でつくられるといいます。

今では、どんなに飲もうが、何時に寝ようが目覚ましがなくても「早起き」ができるようになりました。

習慣がついてしまえば、「早起き」に身体が合わせるかのように夜は自然と寝れるようになります。

私のお勧めは、寝床に着いたら、すぐに寝れなくても携帯をサイレントにする事です。

LINEやメールなどが入ると、そこから少し気になる事を調べたりしてなかなか寝れなくなるのを防ぐためです。

携帯の機種にもよるかもしれませんが、アラームはサイレントにしていても鳴りますので安心して眠れますよ。

いつかの成功や幸せのために今を犠牲にしてはいけない

今、がんばればいつか幸せになれる。

今の犠牲が成功に繋がる。

そういう男性的な考えを女性経営者にも押し付けてくる人がいますが、

それは本当でしょうか?

確かにガツガツと仕事をこなす人は一見かっこよく見えるかもしれませんね。

ただ、あなた自身、それが楽しくない、自分らしくない、しんどいな、、と感じたら

無理や我慢を続けず、いち早く今の状況を抜け出してください。

せっかく自分で起業すると決めたのです。

誰がなんと言おうが、時間の使い方、働き方もあなたが自由に決める権利があります。

自分をすり減らして、「今」を犠牲にしていると「いつか」の幸せや成功は遠ざかります。

当たり前のように充満する女性の社会進出というムード

男性と同じような働き方を求められる時代です。

無理をして心や身体を壊してしまう前に、今の自分と一度向き合ってください。

今、自分は無理をしていないか?

自分らしさを失っていないか?

あなた自身に問いかけてみてください。

本当に自分に合った時間の使い方、自分らしい働き方が見えてくるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

女性起業家のためのオンリーワン戦略集客塾の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性起業家のためのオンリーワン戦略集客塾の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます!

  • コンサル型ビジネスのブログの必要性

  • ブログ記事をを書く習慣―ターゲットに響くブログとは

  • こんなことで起業して大丈夫かな?と不安になるとき

  • 「思考停止」に陥っている人は成長しない

  • 「お客様情報」を獲得する為の無料のプレゼント

  • オンリーワンビジネスで稼ぐ為の起業女性のマインドセット