1. TOP
  2. ポジショニング
  3. 顧客を特定してオンリーワンビジネスで生き残れ

顧客を特定してオンリーワンビジネスで生き残れ

ペルソナを設定する必要性

「ペルソナ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ペルソナとは、商品・サービスを利用する顧客の中で最も重要な人物モデルのこと、

つまりあなたがお客さんにしたい人物像、あるいはターゲット像のことです。

実は何となくしかわかっていない、今さら人には聞けないという方も少なくないはずです。また、似たような用語である「ターゲット」と何が違うのか、疑問に思ってしまい混同してしまっているという方も多いのではないでしょうか?

商品・サービスの顧客像を考えるという点では「ペルソナ」も「ターゲット」も同じですが、人物像の設定をどれだけ深くするかが違います。

「ペルソナ」の方がより深く詳細に人物像を設定していきます。

「ペルソナ」を設定することは「誰でも良いから商品を買ってください」ではなく、

「あなたのための商品ですから、あなたに買っていただきたい」

というように、販売対象を特定するということです。

今までペルソナを設定していなかった起業家の方も自分のターゲットになりそうなお客さんを何となくは決めているのではないでしょうか?

例えば「30代の働く女性」「40代以上のお金に余裕のある大人の女性」「流行に敏感な若い子」などふんわりとしたターゲット層があるから起業を決めたのだと思います。

ペルソナを設定することのメリット

「ペルソナ」を設定するといことは、「お客さんを絞る」ということです。

ゆえに、わたしも最初は「多くのお客さんを集客できないのではないか?」

「本来集客できそうなお客さんをとりこぼしてしまうのではないか?」と不安になったこともありました。

しかし、一人に伝わらないものは、誰にも伝わらいのです。

「一人のお客さん」にあなたの商品やサービスの必要性をわかってもらうことが特定した顧客像だけがお客さんになるのではなく、ペルソナではないお客さんも、お客さんになります。

明確なターゲットを設定してそのひとりのお客さんの生活を深く洞察したり、心情に共感したりする事で

「この人物は何で悩んでいるのか」

「どんなサービスを求めているか」

という事を真剣に考えることができます。

それにより、あなたの事業を客観視することができます。

本当の意味でのお客さんの目線に立ってあなたのビジネスがお客さんの何を満たすのか、どんな悩みを解決してくれるのかということが分かり、明確なターゲットを設定する方が、あなたの商品やサービスもはっきりとします。

商品やサービスが明確になれば、本当に効果的なアイデアだけに絞ることができるため、考える時間、無駄な集客のコストなどの削減にもつながります。

ペルソナを設定してみよう

 

「ペルソナ」は、名前、年齢、性別、職業、性格、家族構成、生活リズムまであなたのお客さんになりそうな人物を作り上げるのです。

ペルソナに正解といものはありませんが、あくまで、実際に居そうなリアリティのある方で、あなたの商品やサービスにベストマッチする人物を想定してください。

「どんな商品でも文句を言わずに高い金額で買ってくれるお金持ち」などリアリティのない妄想のようなペルソナは駄目ですよ。

 

ペルソナをつくる上で最低限設定しておきたい項目

1、名前(姓名) 2、年齢 3、性別、4、住所 5、家族構成 6、最終学歴 7、現在の会社名、業種や業界、仕事内容(無しなら無しでOK) 8、年収 9、使える金額 10外見的特性 11、好きなもの/好きな事 12、苦手な事/弱点13、どんな問題を抱えているか 14、問題解決のためにしてきたこと 15、短期的なゴール/中期的なゴールは?16、誰にも言えない密かに求めているものは?17、抱えている悩みは?18、感じている不安は? 19、意思決定する前に言いそうな反論は? 20、言葉には出さないが意思決定における重要な要素は?21、やりたがらないことは? 22、何でやる気がアップするか? 23、これなら盛り上がれるというテーマは? 24、何に対して/誰に対して怒りの感情をもっているか? 25、何でヘソを曲げるか

顔写真も用意してもよいくらいです。

たくさんの項目があり、どう思われたでしょうか?

最初は面倒だなと思うかもしれませんが進めていくとどんどん一人の人物像が出来上がり、楽しくなってきませんか?

設定したペルソナの感情や気持ちをイメージする

小説や漫画の登場人物が生き生きと描かれていると、いつの間にか彼女らの気持ちに感情輸入してしまったり、実際に文字には書いてなくても、今彼女はこんな心情なはずと想像してしまうことはありませんか?

漫画家さんたちも名前、年齢、性別、出身地、出身校、家族構成、身長、体重、肌の色、髪型、目の色、性格、コンプレックス、趣味、得意なこと、苦手なこと、異性に対する好み、食べ物の好き嫌い、どんな友達がいるか、能力、クセ、etc、、このように一人の人間としてキャラに命を吹き込みむそうです。そして、そのキャラクターを一人の人間として扱うことで、読者はより共感を得るそうです。

「ペルソナ」が完成したら、「この人物ならこういうサービスがうれしいはず」「この人物のライフスタイルならイベントを知りたい時はFacebookを見ているはず」「この人は新聞は読まないから、折込チラシよりエリア別の無料サイトで宣伝した方が響くはず」など戦略が明確になります。

自社のホームページをつくる際にも、「この人にはこんな言葉が響くはず」という風にアイディアがどんどん出てきます。

ぜひ「ペルソナ」を設定してみてください。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

女性起業家のためのオンリーワン戦略集客塾の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性起業家のためのオンリーワン戦略集客塾の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます!

  • 「女性性」と「男性性」を上手にビジネスに生かす

  • ブログで情報発信をしていくうえで必要なこと

  • 起業女性が成功するためのマインド 時間の使い方

  • ガツガツ営業をしなくても集客できる仕組み

  • 苦しいとき、楽しいときの心の持ち方

  • 自分との約束を守る3つのメリット